救急救命対策協会

包帯 止血

交通事故

血管 血液

止血 手術

J-PAD 救急救命対策協会

J・PADの紹介

J・PADとは

血液中の赤血球を捕獲することにより、止血を施す救急用止血パッドです。 誰にでも簡単に使えて、迅速かつ効果的な止血が出来る救急用止血パッドです。

救急隊での J・PAD 使用事例

使用した感想
事例① 高齢の女性が転倒により、膝が広範囲に皮膚剥離し出血が継続していた事案。ワー ファリン内服中のため圧迫止血では効果がなかったため、J・PAD を使用したとこ ろ止血をすることが出来た。
事例② 病院内で転倒し、顔面に約4cm の裂傷を負った傷病者に使用した事案。病院側が 処置していた滅菌ガーゼを J・PAD に変えて使用したところ、止血効果が高まった ように感じた。
事例③ 自宅内で転倒、左前額部(約5 cm)を負傷し、出血が持続していた事案。抗凝固 剤の内服あり。J・PAD で負傷部位の圧迫止血を実施し、病院到着直前に負傷部位 を確認すると、持続していた出血は止まっていた。院内で滅菌ガーゼに交換する際 には出血はなく、創の底部が目視できていた。
事例④ 中年女性が自宅のすりガラスにて、左手に約5cm 程の切創を負った事案。傷口か らポタポタと出血が持続していた。J・PAD を使用し搬送。病院に到着して確認し たところ、傷口は乾燥しており、止血が完了していた。