豊島区危機管理フォーラムが開催されます。 止血パッド「J・PAD」(ジェイパッド)は救急及び災害現場で活躍が期待されます

豊島区危機管理フォーラム2019

東京都豊島区にて区の安全・安心のために何をすべきかをテーマにテロ対策について知識を深める講演会、パネルディスカッション等を12月18日水曜日に開催されます。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、テロの未然防止や、テロ対策の理解を深めるフォーラムです。防災危機管理に興味のある方ご参加されてはいかがでしょうか?

時間:午後1時から午後5時まで(午前11時30分より開場・受付)

場所:豊島区役所1階としまセンタースクエア

内容

1部 基調講演
■ 「爆発物テロ・災害と医療対策 ~ ターニケットによる止血 ~ 」
山口 芳裕 氏 (杏林大学医学部教授/高度救命救急センター長)
第2部 パネルディスカッション
■「池袋を焼き尽くす放火テロの恐怖 ~ 放火テロからのサバイバル ~」
西村 金一 氏      (軍事・情報戦略研究所 所長)
神山 クロスディ 氏   (株式会社 FA-MAS 代表取締役)
今浦 勇紀 氏      (豊島区 危機管理監)
第3部 企業プレゼンテーション
■ ”最新の防災危機管理資機材”のプレゼンテーションを行います。
第4部 基調講演
■「化学テロ対策 ~ 正しく畏れてパニックを回避しよう ~」
岩城 征昭 氏   (帝人国繊維 株式会社 顧問 理学博士)

参加人数制限あり。詳細は豊島区ホームページをご覧ください。