J・PAD製品概要

 J・PAD製品概要

J・PADとは

J-PADとは

血液中の赤血球を捕獲することにより、止血を施す救急用止血パッド
誰にでも簡単に使えて、迅速かつ効果的な止血が出来る救急用止血パッド

開発の背景

  • 大規模な自然災害や大事故により負傷者が発生した場合、医療機関に搬送されるまでの間に迅速かつ効果的な止血を施す事が人命救助の観点において非常に重要です。
  • 現在、止血用具として三角巾・ガーゼ・包帯などが普及しています。しかし、これらを用いて適切な処置を施すには専門知識が必要で、一般の人々には困難であるといわれています。
  • 緊急時には、近くにいる人が一刻も早く止血処置を施すことが必要です。しかし、実際には満足な処置が行われず、出血多量や出血性ショックで命を落とす危険度が高くなっているのが現状です。
  • こうした現状を踏まえて、専門的な知識がない人にも簡単に使え、迅速で効果的な止血ができる止血用具の開発、製品化が望まれていました。
  • J・PADは、こうした要望に応えるべく開発された画期的な止血用具です。

J・PADの特徴

J-PADの特徴

血液の組成と凝固

血液の組成と凝固

※J-PADは、血液凝固メカニズムの研究から生まれた止血用具です。

J・PADの構造

  • パルプ綿を用いたユニークな3層構造
  • 血液中の水分(血清)を不可逆的に分離吸収させ、赤血球や血小板等の濃度を高め、血餅を生じさせ止血。

J-PADの構造

販売対象

 

対象者 使用目的
災害備蓄品 人命救助ツール 事故対応品 治療補助ツール
地方自治体
公共施設
交通機関
消防署・警察
軍隊・警備隊
スポーツ施設
建設現場・工場
病院・クリニック
介護施設
動物病院

製品仕様

Mサイズ

  • 寸法 130mm X 180mm
  • 重量 8.1g ± 0.81g
  • 吸水量 60g以上(生理食塩水)
  • 個装 1枚/滅菌パック
Mサイズ

Lサイズ

  • 寸法 180mm X 260mm
  • 重量 18.5g ± 1.85g
  • 吸水量 140g以上(生理食塩水)
  • 個装 1枚/滅菌パック
    (二つ折りで封入)
Lサイズ

使用方法と注意事項

■使用方法

不織布面を傷口に当てて固定するだけ

包帯で固定
テープで固定

※本品には包帯・テープ等の付属品はついておらず別売りになっています。

■使用上の注意

  • 本品は止血用に作られてはいますが、傷の大きさや出血量などによって止血ができない場合 があります。早急に専門医の治療を受けてください。
  • 本品は傷などを治すものではなく、一時的に出血を抑えるように作られています。
    本品を止血の為にお使いになりましたら、必ず専門医にご相談ください。
  • 本品は使い捨てです。(再使用禁止)
  • 滅菌バッグに破損、汚損、水濡れなどがみられるものは使用しないでください。